スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 時雨
 
[スポンサー広告
No Title
私には好きというものがよく分かりません。
でも一緒に居たい、着いていきたいと思ったのは事実です。
これを世間一般に好きというのであれば私はきっと好きなのでしょう。
そしてあなたも私に好きと言いました。
ですが、こうしてお互いに意思が合ったとしても私たち2人は付き合えません。
今の状況であってもなくてでもです。
なぜなら、今この状況に感化され惹かれあっているからです。
それに気付かず一時的に好き合って付き合ったとしてもすぐに別れることになるでしょう。
時間が経てばあなたは私を離れ、私も違う元へと行くでしょう。
先が見えるんです。それは確かに確信へと繋がっています。
憧れだったあの頃へと戻るでしょう。
私にはあなたを支える自信も繋ぎとめておく自信もありません。
最初から尊敬していた存在はもとあるところへとゆっくり戻るだけです。
だから、お互いに忘れるのが身のためなんです。
このまま深入りしては傷つくだけです。
辛く思うのはこの状況だから。
時間が経てばお互いがあんなこともあったなってそう思うようになります。
そして深入りしなくて良かったと思う日が来ます。
仕事中のあなたは言動も立ち振る舞いも完璧でした。
私はそこに惹かれたのです。
本当に魅力的でした。
当分の私はあなたを忘れるよう時間が過ぎ去るのを待ちます。
しかし、忘れられない人になるのは確かであなたを基準とすることも目に見えています。
もし、何年か経ってもお互いがこの気持ちを持っていたらその時は今度こそお付き合いがしてみたいです。
その時は固い絆で結ばれることでしょう。
Posted by 時雨
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://plshe.blog78.fc2.com/tb.php/236-291a19be
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。