スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 時雨
 
[スポンサー広告
No Title

何か良い本があったら買おうかなーと書店に行ったとき、やっぱり唯川さんの本にしようと思い立ち、唯川さんの本を購入いたしました。
唯川さんの本は結構好きだったりします。
この前もエッセイ集を購入し勉強になったので今回も唯川さんの本をと。



唯川恵さん 「ただそれだけの片想い」です。

恋を見つけることの出来ない片想い。忘れることの出来ない片想い。
幸せになりたくて恋したのに何もなかったときよりずっと切ない、それもやっぱり片想い。
いつだって愛しすぎる女たちは、片想いという報われない恋に傷つくのだから―。
やっかいだけど素敵な恋をあきらめないで。
さまざまなかたちの片想いに悩む女性たちに贈る、ちょっとビターな恋の処方箋。



以上、本の内容紹介です。

まだまだ最初の方を読んでいるのですがなんだか良いなーって思います。
なのでこちらにも少しだけ。



出会いは待ってるだけじゃダメ、こっちから掴みに行かなければ。
それに間違いはありません。
そうやって、恋を手にした人はたくさんいるでしょう。
けれど、人には向き不向きってものがあるのです。
たぶん、立ち直りも早く、無視されてもサラリと流してしまう、そんな強い根性の持ち主でないとやれることじゃないのです。
そんなやり方が、自分にぴったりするとは思えない。
だったら、自然体でいましょうよ。
それで出会えないとしたら、今、自分には必要のない出会いなんだろいうこと。
出会うべき相手とは、会うはずがないところでも、会ってしまうような気がします。

―ただそれだけの片想いから抜粋―





なんだかこう言われるとそんな気がしないでもありません。
なんだか少しホッとします。
本ってやっぱり良い。
早く続きを読もう。

そういえば強がりではなく徐々に考える時間が減ってきています。
時間の流れは凄いなー。
Posted by 時雨
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://plshe.blog78.fc2.com/tb.php/247-6a90602d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。