スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 時雨
 
[スポンサー広告
気分。

少し時間が空いてしまいました。

今日は平山瑞穂さんの忘れないと誓った僕がいたを読み終わりました。
だんだんと女の子の存在が消えていくお話です。
寂しい。
ただこれしか言えないです。


友人が新しくブログを開設しました。
すごく嬉しいです。
今までのブログよりも素敵にできあがっていて、驚きました。そして気に入りました。
これで友人の心の内が少しでも軽くなればいいと思っています。


ある歌詞を読んでいて、感じるものがありました。
上手く言葉では説明が出来ないのですが、すごく素敵です。
愛しい人についての歌詞なのですが、愛しいのに切ない。
愛しいから切ない。
そんな歌詞。

普通の方から見れば本当にどうでもいいようなことが気になったりします。
感性ががまったく違うのでしょう。
こういうところは普通じゃないななんて思っています。
でも、自分が何かを感じ、思う。それがとても好きなんです。
詩とかもそうです。
一般の人が見れば別になんてことの無い言葉なのに、私からしてみれば心にずしっとくるものがあって考え込んだり。
でもそれが楽しいんです。
だから詩集とか買っちゃうんだろうな。

Posted by 時雨
comment:1   trackback:0
[日記
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/16 21:50 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://plshe.blog78.fc2.com/tb.php/55-cbe6c86d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。