スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 時雨
 
[スポンサー広告
上手く言葉にできません。

ここ2日間小説に読み耽っていました。
yuko様、エビノート様、オススメが見つかりました!!
結城とも様の
Step Beat
兄から紹介されたPsychedelic Note様(オリジナル小説サイト)の小説ですw

完成度が半端じゃありません。
むしろ本物の作家様です。
読書好きだし読んでみよう。そんな軽い気持ちで読み始めたのですが、まさか1日中ディスプレイに齧りつくことになるとは考えてもいませんでした。【笑 本当に。
話の段階はしっかりしているし、間の取り方、回想の入れ方、一気に読みたい。と思うような構成の仕方です。驚きました。
是非、足を運んでいただきたいです。


このお話を読み終えこの感想を書いているときにふと考えたことがあります。
考えるというよりは自分自身に対して腹立たしさを感じているというわけなのですが…【苦笑

私が上の文章で「本物の作家」という表現をしているのですが、本物の作家ってなんでしょう?
本屋さんに並んでいれば本物の作家で並んでいなければ本物の作家ではないのでしょうかね?
小説サイトの筆者様も数多くの著名人の方も自分でお話を書いているという点で作家なのに自分自身の吐いた、「本物の作家みたい」という表現が、結城様を傷つけているようで怖くそして寂しいのです。







引き寄せた体がいつもと違うと感じたのは
自分の方が変わっていたから。

Posted by 時雨
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://plshe.blog78.fc2.com/tb.php/73-1e83336d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。